投資ってギャンブルみたい

ギャンブルみたいな投資について考える男性

株投資はギャンブルみたいなものって思っちゃいますよね。パチンコなどと違い投資する額が大きいので1日で大損することも考えられます。ギャンブルのような投資をされる前に投資先をじっくり考えることが必要です。

投資ってパチンコよりもギャンブル性がある?

投資はパチンコよりもギャンブル性があるのかというのは、取引の仕方によって変わってきます。
パチンコよりもギャンブル性が高い取引の仕方もあれば、全くギャンブル性がないものもありますから一概にいうことは出来ません。

例えば株の中には2000円ぐらいで購入をすることが出来るものもありますが、これは仮に倒産して株価が0になってしまっても2000円しか損をすることはありません。
また、このような銘柄はよほどのことがない限り株価が急上昇するということもありませんから、少額で投資をする分にはギャンブル性などほぼないに等しいといえるものとなります。
実際、2000円程度で買える株というのは経営に問題があったりするので、かなりリスクが高いものとなるのですが少額で投資をしていれば1円パチンコよりもはるかにリスクの低いものとなります。

しかし、2000円程度で購入をすることが出来る株は200万円程度あればかなりの量の株を買うことが出来ますから、一度に10万株といった単位で株を買うことができます。
10万株あれば1円値上がりするだけでも10万円の利益となりますから、利益としては小さなものではありません。
そのため、このようなボロ株であっても大金を投じて買う人はいるのですが、このやり方となれば非常にギャンブル性が高いものとなってしまい一瞬にして200万円を溶かしてしまう恐れもあるのです。
投資をした時点では200万円をつぎ込んだという感覚が薄いだけに、わかりにくいものですが次の日に倒産などをしてしまえば一夜の内に200万全て失ってしまう恐れもあります。
その一方でプラスの材料が出た時に、一晩で200万が倍になるということもありますから、投資の仕方によってはパチンコよりもギャンブル性があるというのは間違っていないのです。